どうも、首都直下型地震にめっちゃビビッている、デコポンです。

近頃関東での地震発生率が高く、
今朝も地震が発生しており首都直下型地震がくる可能性もあるので
関東に住んでいる方は防災グッズの用意をしといた方が
よいかもしれません。

それでは今回は現場に配属されて3週間ぐらいたった時の状況について
記事にしていこうと思います。

3週間たった時には通常の作業は一通り覚えましたが
まだラインに間に合っておらず、指導員にてヘルプをしてもらいながら
作業を行っています。

作業をやってて思うのが自分の工程ではおおまかに
下記のようなトラックが流れます
・作業が簡単で早く終わるトラック\(^o^)/

・普通のトラック(‘_’)

・作業が面倒で時間がかかるトラック(`皿´)ウゼー

・こんなん絶対に間に合うはずないやんけっていうトラック(#`皿´)<怒怒怒

こんなん絶対に間に合うはずないっていうトラックはレアなトラックなので
一旦置いといて

簡単なトラックや普通のトラックのみが流れれば間に合うのですが
面倒なトラックが流れたら自分も後ろに流れてそっから挽回ができません。
しかも厄介な事に序列が悪いと面倒なトラックばかり流れてくる事も
あります。
正直そんなんばっかり流れてくると焦ってボルトをかじったりして
さらに遅れて泣きそうになります。

指導員の作業を見ているとミス(ボルトかじったり等)や
無駄な動き、もたつきが全くなく体や手の使い方が上手い!
自分も真似するもなかなか上手くいかない。

指導員の方は優しい人で色々アドバイスをしてくれます
ここの時はこういう風にインパクトを持って使ったほうが
ボルトを締めやすいとか、ここは右手ではなく左手でハーネスを
結線したほうがやりやすいとか
今は指導員のアドバイスをしっかり聞き作業をこなしていこうと思います。
因みに自動車業界ではたまにあるのですが
教えてくれる人が1人に決まっておらず複数人いて
アドバイスが人によって全然変わる場合があります。
自分のところは基本同じ人がずっと教えてくれるのですごく助かってます。

スポンサーリンク