外部寮(一般アパート)で起こった本当にあった怖い話
スポンサーリンク

どうも、今までで1番怖かったTV番組は「あなたの知らない世界」デコポンです

↑多分30歳以上じゃないと分からないと思いますが
夏休みの午後によくやってた番組です。
内容は全然覚えてませんがめっちゃ怖かった印象があります。

あと「ほんとにあった!呪いのビデオ」というのが
TUTAYAのDVDコーナーにありますので怖い話が好きって方は是非観てください
前の職場の先輩に勧められて一度だけ見ましたが怖すぎて、それ以降観ていません。

さてそれでは本題ですが、今の住んでいるアパートで起こった
本当にあった怖い話を今回記事にしていきます。
因みに心霊系ではありません。

隣の部屋のベランダに不審者が出た

今の職場に入社して1、2週間が経った頃、
夜、いつも通り11時ぐらいに布団に入りそのまま熟睡していたところ
夜中の2時ぐらいに、ぱっと目が覚めてしまい、
トイレに行ってスマホをイジイジしていたら
隣の部屋から「ぎゃっ」というバカでかい声が聞こえてきて
それと同時にバタバタバタバタという足音とガラガラガラガラという
ベランダの窓を開ける音が聞こえて
「えっ何?隣の部屋に強盗でも入ったの?でも怖くて何もできねぇよ、
 こういう時どうしたらいいんだよ」
っと心臓バクバクしながら悩んでいると、
隣の住民さんが警察を呼んだみたいで10分後ぐらいに警察の人たちが来てくれました。
※因みに自分が住んでいる部屋は1階でベランダの目の前は壁です。

話を聞いてみると、ベランダに不審者が出たみたいで、家の中には入られてはいないとの事でした。
その後、警察の人がアパートの周りを探索してましたが不審者を見つける事はできませんでした。
結局そのまま警察の方たちは帰って行きましたが、この後また不審者が来るんじゃねぇかと思い
その後一睡も出来ないまま仕事に行くことになりました(-_-)
ってかこのアパートに入ってすぐに不審者が出るってどんだけーww

まとめ

一般アパートの場合、強盗など入ってくる可能性がある為
しっかり家の玄関や窓の扉には鍵をかけましょう。
隣の部屋の住民はそれ以降「人感センサー」をベランダに設置し防犯対策していました
オリンピックが近づいてくると関東にはもっと色んな人たちが集まって
治安が悪くなる可能性がある為、防犯対策も必要かもしれませんね
因みにその後は一度も不審者は出現していないです(^ω^)

以上、本当にあった怖い話でした。

人気ブログランキングに登録してます
もしよろしければポチッとお願いします!


期間工ランキング